痛い花。

痛い花。

愛車を自分の好みにカスタマイズする人は多くいると思いますが、最近は『痛車』といわれるアニメのキャラクターなどをかたどったステッカーを貼ったり、塗装をした車を雑誌や道中で見かけます。『おもろい!』と思う車もありますが、大概は理解に苦しみます。花の業界にも花を不自然な色に染めたバラやカーネーションがあります。正直『残念』です。本来の花の良さをすべて失ってしまいどうにも好きになれません。当店〈kagura〉では、基本取り扱っておりません。しかし、客注でやむなく購入することはありますが店頭に並ぶことはありません。こんなときは、注文を頂いたお客様に全部激安で譲ったりもしています。『痛花』の小ブームはいつまで続くのか・・・

( 写真は、市場で売られている青色に染められたカーネーション。)

Speak Your Mind

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

名古屋 名古屋駅の花屋 K's flower novo K's flower novo webshop | 花束とアレンジメントのフラワーギフト専門の花屋